So-net無料ブログ作成
検索選択

休暇がとれて悲しむ人、とれなくて喜ぶ人? [雑記・その他]

昨年後半の韓国が起因二なりかねない、例のアレの・・・
リーマンショック以降、実体経済もまたえらい事になっているわけで
一時帰休・雇用調整も凄まじくすすんでいます。

厚樹自身は、今年のところはまだ雇用調整されることはなさそうですが
そのうちどうなるかは判りません。
ニート万歳生活を送ってるかもしれません(まぁ、更新頻度は上がるでしょうけど(苦笑)

さて、もうゴールデンウィークの季節がやってきたわけですが、
今年のゴールデンウィークは単純に休みが長い=バンザイとは
言えない状況になってます。

GWの休みが長い=業績が悪い。

と言うことですので、長いのは素直に喜んではいけない訳です
新入社員は、能天気な人の場合、喜んでるかもしれませんけど
逆に言えば、この景況感の状態でGWの休みが短い(カレンダー通りとか)
は少なくとも「やる事」があるのでそうなってる訳ですから
人員調整で削って、人手が回らないからと言うケースは別として
「仕事がある」と言うことを喜ばないといけないと・・・・

で、厚樹自身の予定は、ちゃんとGW中にも休日出社の予定があります。

喜べと言うことですね、わかります

・・・・・・・・・・・いや、そうなんだろうけど、ねぇ、なんか・・・。

ちなみに、新型インフルエンザの件もあるので、長期間のGWに
なった方は基本自己研鑽に時間を費やしてほしいと言うのが
各々の雇用主の考えのようですが、堂なんでしょう資格取得など
に励む人はどのぐらいいるのでしょうか?

空港のインタビューで「いまさらキャンセルできないし」とか
「コレはひどい」な事を述べながら感染国に向けて旅行に旅立った
人もいますけど・・・・帰国後どうなるんですかねぇ。感染とかではなく別の意味で。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。