So-net無料ブログ作成
検索選択

HD DVDの玉砕 [オーディオビジュアル]

この週末はHD DVDにとってアップダウンが実に激しい事となりました。
先週辺り、後継機と目されるRD-A502/A302の取説流出騒ぎがあったり
してましたが今週は、週後半14日に

 

HD DVD の新メディアマクセル三菱から発表になりました。

まだまだ頑張ってこれで北京を戦うのか・・・・

と思ってたら・・・・。

 

 即断来ました。

ずるずる負け戦を引きずらなかったのは良い事だとは思いますが、それにしても
随分と急な判断です、ワンダー藤井より上層部が動いた模様・・・西田社長とか?

西田社長に代わってから東芝は原発事業で三菱重工を出し抜いて
ウェスタンハウジングを高値で買収、その後の原油高で結果その投資価値判断が
正しかった事が周知になったりと(高値で買ったので回収できないと他業者から言われてた)
即決力が有る感じではあったので、斬りにかかったのかも知れませんよねぇ・・。

東芝、HD DVD撤退で調整へ”報道を読み解く
2月16日夜、NHKが「東芝HD DVD撤退で調整」というニュースを報じた。
1月のワーナー離脱やBDの寡占進んだ後も、HD DVD撤退の動きはなく、あまりに
唐突な情報という印象がぬぐえない。しかし、根も葉もないニュースかと言えば、
それも違うようだ。

 ワンダー藤井氏の発言では

 

 という形で負ければDOGEZAと次世代メディア戦争を賑わして来たんですが
今回の敗戦決断はDM藤井氏よりも上、東芝本社サイドの決定のようです。

玉音放送状態

という事ですか、藤井氏らが何を言ってももう既定事項で粛々とHDDVDは撤退方向へ
流れていってしまいそうです。実際DM社自身はまだ何も分かっていないようです。

ちなみに青森の工場でHDDVDは生産していない(ドライブは作っているらしい)ので
詰めの甘さがNHKらしいとも言えますww

 個人的には一刻も早くダメダメなブルーレイデッキどもに喝を入れるべく

 この2台を合体させたRD-B1なりRD-X7なり(基本Xナンバーは奇数が当たり商品なので)
を出して欲しいところですが、今回の撤退報道

どのレベルまで撤退するか

で話が随分と変わってきます。
多くのユーザーは東芝がブルーレイを出せば選択肢がパーフェクトになると考えてますが
実際のところ東芝DM社自体を斬りにかかった場合、レコーダ自体から撤退する事もあります
三菱なんかはVHSの頃はビデオ御三家として三大メーカーの名門でしたが1機種だけ
随分と出遅れてDVDレコーダーを出した後は船井にまる投げ状態です。
三菱の中身は船井電機のOEMです、もはやテレビデオ並。

パイオニアもプラズマはKUROなど頑張ってますが一時期の勢いはすでに無くなってます。
三洋はおなじくアナログ機の時代は名機種を生み出したりしてましたが今は会社事態が
あんな状態。

日立もWOOOで頑張ってましたがハイビジョンレコーダはHDDには録れてもディスクには
書き出せません、ブルーレイの試作機は随分前から出てはいるんですけど・・・。

結局ブルーレイの販売メーカってSONYと松下とシャープの3社。
シャープは新機種のソフト関係トラブルで延々発売が延びまくったり
実質的にはSONYか松下しか選択肢が無く、ラインナップの選択肢が価格の割りに
偏ってるというか、穴が多いんですよね。なので往年のRDユーザーや昔のVHS名機を
使用していた人は東芝のブルーレイ参戦をずっと待ち続けていたわけで・・・。

ただその買い控えの為にRD(ヴァルディア)のシェアは下がってきてましたんで
上層部的には不採算部門だからブルーレイ参戦ではなく他社と同様レコーダ自体の
撤退なんて事も選択肢には上がっている可能性もあります。

決断は週明けにも決まるようですが、ユーザーが喜ぶ結果となるか、ガッカリする
機種・メーカーからのみの選択という地獄となるか、wktkというかなんと言うか・・・。

 

今のうちに空メディアやHDDVDソフトを買っておこうかw

余談ですが先週

「ベクシル-2077日本鎖国-」特別装幀版

「ベクシル-2077日本鎖国-」特別装幀版

  • 出版社/メーカー: エイベックス・エンタテインメント
  • 発売日: 2008/01/25
  • メディア: DVD


を買いました(笑)HDDVD初参入でそのまま打ち止めになりそうですね。


nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(1) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 0

コメント 1

パルス

厚樹様は、厚樹s‘websiteの管理人様でしょうか?
by パルス (2008-03-20 20:33) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。