So-net無料ブログ作成
検索選択

さすが日テレ(もちろん悪い意味w) [┣ DEATH NOTE]

え~~~、ある意味予測はできていた事なんですが

さすが日テレ、斜め上な事をしてくれる(怒)

やはり日テレはアニメ製作から手を引いてすべて読売テレビに任せるべきではなかろうかと・・・

 

アナログ放送だけならまだあまり問題はないんですが、声高にデジタル放送、
地デジハイビジョンを啓蒙してるキー局にあるまじき行為ですね。

なにが?・・・かというと

 

 

普通、テレビ番組を従来のアナログテレビで見た場合

こういう感じになります。上下左右余白はあきません。

 

また最近のテレビは横にワイドですので

このような状態でハイビジョン放送はされています。上の映像に比べて左右の切捨てに
なっていた部分が見えていると思います。

 

最近は地デジエリアも増えた為、アナログ放送番組でも

このような形態で放映されることもあります。
ハイビジョンでは上から2点目のフルサイズの映像。
アナログ放送ではこのように4:3のい画角に合わせて上下に余白が付きます。

いずれにせよ映像の欠落はしない放送です。

 

 

んが、上記の3点は一般的な放映形態の話。
アホな局が放映するとどうなるか?こうなります

ハイビジョンテレビで見ると上下左右すべてに余白がつきます、もはや滅茶苦茶。
大画面テレビをわざわざ縮小してる状態です、テレビにズーム機能でもない限り
何か物悲しくなる映像になり、解像度も下がりますんでッボケ気味な映像になります。

これ、局では色々言い訳してますが、独立U局のような放送機材がない局と違って
キー局がこのような放映をする理由は

良い画質で見せたくないから

日テレでは時々ジブリ作品を金曜ロードショーで放送しますが、すべて上のような
とんでもない事になったいわゆる「超額縁放送」で放送しています。キッカリ余白の無い
放送を行うと、ゆくゆく予定しているブルーレイ/HDDVD版のソフトが売れなくなってしまう
のが嫌という、あざとい事が理由になっています

そもそも、同じ日本テレビ系列とはいえ、アニメ大量製作元である「読売テレビ」が製作した
アニメは殆どフルハイビジョンで放映されています。

映画版名探偵コナンの放送ですら日テレのジブリ放送のような「あざとい」事はしません
ちゃんとハイビジョンで額縁放送になることなく放送していました。
またこの秋からの新番組「結界師」や深夜アニメの「エンジェルハート」などもすべて
ハイビジョンで額縁余白が付くことなく放映されています。

やはり、読売テレビに任せてほしかったねぇ・・・・ホスト局は。

日テレはまったくもってダメダメです(悲)

                                   参考 wikipedia 額縁放送


nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(1) 

nice! 1

コメント 2

ゆっきぃ

どーりで・・・。
なんか映像が・・・?と思っていたんです。
そういうことだったんですねー(*`ε´*)!!
by ゆっきぃ (2006-10-21 15:27) 

厚樹

■ゆっきぃ さん
おなじ日テレ系でもBS日テレで放映中の「ナイトヘッド」はちゃんと
ハイビジョン額縁無なんですよねぇ・・・まぁさすがに衛星で超額縁を
やるわけにはいかないんでしょうけど、地上波はアナログでは
それなりな「16:9」で放送してるんで「文句があるならアナログで
観れば~~」というのが日テレの回答なんでしょう。

同じNNN系列でも読売テレビ作品ならそういう変なことは起きないのに
さすが視聴率を改ざんしたり、アナウンサーの犯罪を隠蔽したりする
局は、自ら押し進めているデジタル放送視聴者に対する仕打ちも
なかなかなものだと感心します(苦笑)

映像化権を日テレが握ってしまったのが本作の不幸なところですね
それ以外はいい線いってるのに・・・・。
by 厚樹 (2006-10-22 22:04) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。