So-net無料ブログ作成

チョコレート仕様の踏切・・・ではなくて【山陽電車】 [鉄道・旅路]

さて、先程はベタなギャグ仕様な記事でしたけど、今度は少し真面目に(笑)

 

山陽電車(山陽電気鉄道)はシーサイドエクスプレスというぐらいですんで、基本的に
JRより海沿いを走っています(姫路~西舞子間)故に鉄製品は錆び易いわけですよね。

山陽電車の車体そのものも一部車種を除いて「アルミカー」だったりしますし。

で、そういう環境下の路線で今日はなかなか出会えない?モノに会いました。

 

 

チョコレート色の踏み切りで~す。

・・って、それじゃ警戒色じゃないから踏み切りの意味がねぇじゃん、というツッコミも有るでしょう。

 

 

 

チョコレート色の鉄道信号機で~す。

これまた信号の色が見づらいじゃんか、という話になるでしょう。

黒のペンキが足りなくなってこうなったんでしょうか・・・そこまで財政事情が苦しいのかww

 

 

 

そして、

 

 

黒のペンキをケチッた踏み切りで~すww

 

 

 

 

全体がまっ黄っ黄、黒の帯びつけ忘れwww

 

 

 

山陽電車よ、そこまで懐事情が苦しいのか・・・・ってんなわけ無いんですよね(笑)

 

 

実は鉄製品のペンキ塗り替え作業の途中だったんですわw

最初のチョコレート色は下地処理の「錆び止め」塗装

その上から白や黄色で一生懸命に塗っています。

 

 

構内踏み切りも黄色く塗り塗り

 

この塗り方ではじめて知ったんだけど、踏切って、黄色と黒を同時に塗るのではなく
先に黄色を塗ってからアクセントの黒帯を描くというやり方なんだねぇ・・・・
この塗り替え作業を見て、まぁ、乾燥中の一色仕様の警報機を見ていて初めて理解。

こういう塗り替えってそんなに頻繁に目にすることは無いから、貴重な発見でした。

※撮影時は山陽電車 大塩駅~荒井駅手前付近で塗り替え中でしたね。
構内踏切等の写真は大塩駅で撮影。


日本の“珍々”踏切

日本の“珍々”踏切

  • 作者: 伊藤 博康
  • 出版社/メーカー: 東邦出版
  • 発売日: 2005/01
  • メディア: 単行本


nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行・地域(旧テーマ)

nice! 0

コメント 1

ゲーリー

こんにちは。
ここのページにきました。
今回またペンキ塗り始まってますね。
現在播磨町~別府付近を西方面に向かってます。
正直チョコレート色ですが、あまりいい色ではないですね~(笑)
ただ貴重な体験ですね。
by ゲーリー (2011-09-13 13:00) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。