So-net無料ブログ作成
検索選択

リアルタイム”やらせ”と後から発覚する”やらせ” [情勢・時事]

なんか、ここ数日でヤラセ疑惑の記事がボンボン出てくる

朝日新聞はは会社自身が”やらせ”だからいいとして(えー

フジテレビが

<フジテレビ>「めざまし調査隊」でやらせ演出
フジテレビは8日、朝の情報番組「めざまし
テレビ」のコーナー「めざまし調査隊」で、
やらせ演出があったと発表した。フジは7日で同コーナーを打ち切るとともに、
やらせを行った担当の外部ディレクターとの契約を解除、取締役情報制作局長ら3人を
8日付で減俸、減給処分にした。
「めざまし調査隊」は、視聴者からの投書などをもとに、当事者出演で街の話題を
取り上げるもので毎週月、火、水曜日放送。フジによると、やらせが確認されたのは
04年5月から今年4月にかけての3件。今年4月4日放送分は、失恋した女性が
「1年ぶりに彼に電話する」という内容だったが、出演者はディレクターの知人で、
失恋の事実はなかった。昨年7月29日に放送された「あなたの暑さ対策は?」の出演者3人も
ディレクターの知人で、依頼を受けて、閉め切った部屋でダイエットに励む女性などを演じていた。
また、同年5月17日放送分では、草野球好きの男性が妻からもらったお守りを身につけて
ヒットを打つという内容だったが、お守りはディレクターが用意したものだった。
他の番組スタッフの指摘で内部調査したところ、ディレクターが認めた。02年3月からこの
コーナーを担当しており、フジはさらに調査する。
                            【鈴木英生】(毎日新聞) - 9月8日19時6分更新

番組を面白くする為には やらせ は必要悪、という程度の認識なんでしょうけど
コレはまだバラエティ番組にちかいからまだマシなほうで、報道もヤラセが発覚している。

台風でナシ落下…やらせ?NHKが撮影、放送は中止
台風14号被害に絡んで、NHK山口放送局の男性
カメラマン(26)が7日、強風で被害を
受けたナシ園の取材の際、生産者が地面にまいたナシを、風で落果したナシとして、
撮影したことがわかった。
現場に居合わせた民放の記者からの指摘を受け、その映像の放送は取りやめた。
7日夕のニュースでは、他の場所で自然に落ちた別のナシを撮った映像を使用したが、
NHK側は「正当とは言えない取材方法だった」としている。
山口放送局によると、カメラマンは午前10時ごろ、記者とアルバイトとの3人で、
山口県秋芳町の秋芳梨生産販売協同組合のナシ園を取材。組合は落果したナシを集めて
山積みにしていた。
その際、取材に応じていた組合役員が「山積みの映像だけだと
(大量に落果したような印象を与えてしまい)組合のイメージが悪くなる」として、
積んであったナシのうち複数個を地面にばらまき、カメラマンはそのナシを撮影した。
まいたことを知った民放記者が「それはヤラセではないのか」と指摘し、カメラマンは撮影を
やめた。
同放送局の松野正芳・放送部長は
「こちらから頼んだわけではなく、いわゆるヤラセとは
違う。カメラマンは、反射的に撮ってしまったようだ」と説明
。しかし、
「他社から指摘を受けていなければ上層部に事情が伝わらず、放送もしていたと思う。
今後は誤解を生むような取材は慎むよう指導したい」とした。
                                   (読売新聞) - 9月8日3時58分更新

厳密な意味ではやらせ では無いような感じだが(生産組合のやらせ)まぁ不祥事で
誠実なNHKをアピールし、折りしも受信料不払い者に対しては振り込め詐欺に転用可能な
簡易裁判所からの督促状を叩きつけようとしているこの時期にこういう事はマズイ。

でも、これはまだ放送はされなかったと言う話。

次は放送されちゃって、しかもヤラセシーンまでしっかり流しちゃったからお祭りに(笑)

コレは先日の台風14号で暴風が吹き荒れる鹿児島からの決死のリポート。

アナウンサー曰く「ギリギリ安全なところから中継してますが立っていられません」という
状態で、見ている視聴者も「立てないぐらいなんだし危ないから早く中に入ったほうが
良いじゃないか?」というような雰囲気漂う中継だったんですが

スタジオに引き取られる際、スイッチャーのタイミングが不味かった。

いつもなら、すでにスタジオ画像に切り替わってるとリポーターを始め、現場陣は思ったんだろう
所謂「気の緩み」と言う奴である。やらせに慣れすぎていたか?

では別の中継現場に~の台詞で画面が変わろうとしたその瞬間、やらせが発覚

さっきまでしゃがみ込んで、風に飛ばされないように頑張っていたのが、フラッと立ち上がり
別に暴風も何も感じないような「普通に悠然とした歩き」でフェードアウト

マズイ いままでの芝居が水の泡

よくよく考えれば、身軽なリポーターがあんなに体制を不安定にしながらリポートしてるのに
重い撮影機材を肩という不安定な位置に抱えた状態でブレずに撮影できている時点で
実際はそこまで暴風が吹いていないのである。

というかそういう場所で撮影しているが、それでは臨場感が無いので演技しました・・・・
と言う事で、リアルタイムでやらせが分かる貴重な映像を日本テレビは提供したのでした。

 

データ引用元 PURE GOLD
         日本テレビの「ザ!情報ツウ」番組内の台風レポートが
         激しくいかがわしい件について

        


nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(1) 

nice! 0

コメント 1

matt

お花見のニュースの最後を「皆さん、行く春を惜しんでいました」なんて締めくくるのはよくある話で、本当に皆さんが春を惜しんでいるかどうか分かりませんが、ニュースとしてはそれで格好をつけているのですが、このあたりの感覚を延長してゆくとやらせになります。どこで線を引くのか難しいところです。
by matt (2005-09-09 10:12) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。